• お問合せ
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • entry
ILH代表黒部のブログ

新年 明けまして おめでとう ございます

年の初めに思う英語教育

2016年がスタートしました。どんな年になるかより、どんな年にしたいかを考えてスタートしたいと思います。
1年はあっという間です。光陰矢の如しとは間違いない現実で、今は光陰というよりはフラッシュという感じです。
さてランゲージ・ハウスの2016年をどうしたいかを話します。ブログで言ってしまうと、より一層現実しないといけないような使命を感じるので新年向きです。

教育を食い物にしてはならないという教えはいつの時代でも真実です。ただ最近はビジネス色の強い教育事業が竹の子状態になっているような気もします。確かに施設費を始め、人件費やその他もろもろの経費を考えるとビジネスにならないとやっていけないのが現実ですが、その場繕い的な教育事業は 日本の子供達を不幸にします。残念ながら日本の子供達をとりまく英語教育環境で英語が話せるようになるかというと、答えはNOです。塾や幼児英語教室も、教えるということに情熱を感じている教師が少なすぎます。この一番の理由が、外国人で英語が話せれば誰でも英語塾の先生になれてしまうという現実があります。ネイティブなら一日にして主任になってしまうことすらあります。十分なトレーニングないまま子供達に英語を教えると、一ヶ月も経たないうちに化けの皮が剥がれます。子供達が飽きてしまうのです。子供は大人より教師の本質を見抜きます。逆に多少英語にアクセントがあっても情熱を持って子どもと向き合う教師は一ヶ月経った頃から生徒が増え始めることもあります。子どもとはその位敏感です。でもこんな情熱教師でないと子供達に英語教育を植え込むことはできないと思っています。

日本の幼児英語教育の成果が上がらないひとつの理由は、教師をふくめ、教育を提供する側に長期的なプランと、計画を進めていくプリンシパルがないからだと思います。英語塾に通っている殆どの子供達は、my name is......, I am xxxyears old,は言えますが、その後が続かない、聞けば2-3年塾に通っている子が多く、側にいる親は、申し訳なさそうな顔で子供を見ているばかりです。確かに週一回1時間ぐらいの学習ではこの位が精々かとは思いますが、このような子供達が増えれば増えるほど、日本の幼児英語は後退していくと思います。以前アジアの国々の英語教育事情を書きましたが、あれは脅かしではなく現実なのですから、今すぐにでも英語教育の方向性を変えない限り、将来英語が理由で職にありつけない人が増えるのは回避できないと思います。

前置きが長くなりましたが、2016年ランゲージ・ハウスが幼児英語で取り組むことは以下の通りです。
1, 楽しく英語を学ぶという事を現実のものにするためには、目標値が必要です。
年間、月間、週に何をどこまで達成させるかを明確にする。
2, 多少シビアーな学習部分も取り入れ、そのための講師トレーニングを徹底させる。
3, やらせ英語、つまり子供が内容や、意味を理解せずに、口パクリピートで覚えさせることをしない。
4,ランゲージ・ハウスに行けば必ず英語が話せるようになるというスタンダードを構築する。
非常に難しい目標ですが、必ず方法はあると思います。
5、保護者の方々に日本が英語後発国だという危機感を持ってもらい、英語は習い事範疇ではなく、必須科目であることを理解して貰う。
6、人間的、かつアカデミックに質のいい外国人講師を増やす。

そして私は、引き続き横浜市の公立小学校に1年生から毎日30分の英語授業、あるいは何らかの形での英語教育が毎日導入されるように、各関係機関への運動を続けて行きたいと思います。もし行政を動かすことができない場合、後はランゲージ・ハウス小学部を作るしかないと
少しだけ考え始めている今日この頃です。

ILHからのお知らせ

2010年12月24日にホームページがリニューアルします!

メルマガも好評配信中です!みなさん登録してくださいね♪

new hp starts

Hi everyone

We just start new ILH HP.

PAGE TOPへ